鎌倉時代 クイズ
問31  1192年、征夷大将軍に任命され鎌倉に幕府を開いたのはだれですか?次の中から選びなさい。
   「源義経  源実朝 源頼朝」。  
問32  源頼朝の家来を何とよんでいましたか?次の中から選びなさい。
「ご家人  侍所   政所」。
問33  鎌倉幕府は鎌倉にありました。地方には、守護とじとうをおきました。それぞれどんな役目をもっていたのでしょうか、次の問に答えなさい。
@今の警察の役割や反乱を鎮める役目をもっていたのは、守護でしょうか、じとうでしょうか?。
答え、守護。
A税を集めて幕府に納める役目をもっていたのは、守護でしょうか、じとうでしょうか?。
答え、地頭。
問34 源頼朝がなくなった後、将軍を補佐する役割をつくりました。代々その役目を北条氏が受け持ちました。源実朝が鶴ヶ丘八幡宮の階段で殺された後、将軍より力を持つようになりました。その役職を何といいますか?次の中から選びなさい。
「政所  侍所  執権」。
答え、執権。
問35 鎌倉時代、中国のげん、という国が、二度にわたって九州に攻め込んできました。何十万という大群で火薬を使ったりしてせめてきました。日本の武士たちも勇敢に戦いましたが負けそうになりました。そこに、台風がやってきてげんの船は、ほとんど沈んでしまいました、残った船も中国に逃げ帰ってしまいました。次の問に答えなさい。ヒントは、 「わこう、  げんこう、  北条ときまさ、  北条やすとき、  北条ときむね」の中から選びなさい。
@この二度にわたって、げんが日本に攻め込んできた戦いを何といいますか?。
答え、元寇。
Aまた、このとき武士たちをまとめ、げんに立ち向かった幕府の執権はだれですか?。
答え、北条時宗。

問36 鎌倉時代に武士の生活の決まり、ごせいばいしきもくを作った執権はだれでしょうか?次の中から選びなさい。
「北条ときまさ、  北条やすとき、  北条ときむね」 。
答え、北条やすとき。

自宅学習HOMEへ