蝶(ちょう)の幼虫と食べ物


 蝶(ちょう)の幼虫は、種類(しゅるい)によって食べる草や木の葉がちがいます。それを、食草(しょくそう)といいます。
なぜ、幼虫は、食べる葉っぱがきまっているのでしょうか。
NHK「ふしぎ大自然」より、ちょうは、花のみつをもらって、花は花粉(かふん)をはこんで
もらって、ともにたすけあっているが、幼虫(ようちゅう)は、葉っぱを食べてしまう、草や木にとっては、やくにたつどころかやっかいな、がい虫です。そこで、草や木は、ちょうの幼虫をよせつけないようにからだに毒(どく)をもつようになり、ちょうの幼虫は、その毒(どく)をけすはたらきをからだの中にもつようになったが、それぞれのしょくぶつの毒(どく)をけすはたらきまではつくれなかったので、毒(どく)をけすことができる葉っぱだけを食べているそうです。
 ほかの昆虫(こんちゅうにくらべて、ちょうは後になって地球上にあらわれてきたので、ほかの昆虫(こんちゅう)が食べないような、毒(どく)のある草や木の葉まで食べるようになったともいわれています。まだまだ、わからない、ふしぎなことがいっぱいですね。
どんな草や木の葉を食べているのでしょうか。これから調べてみましょう。
蝶(ちょう)の名前は、調べればわかりますが、葉っぱについている幼虫は、どんな蝶(ちょう)になるのかたのしみですね。
みかん、さんしょう、カラスザンショウの木、前田川ぞいの道路(どうろ)わきのウマノスズクサ、サルトリイバラのようなつるのある植物(しょくぶつ)の葉(は)の裏(うら)に卵(たまご)や幼虫(ようちゅう)を見つけました。
どんな蝶(ちょう)になるのでしょうか。?
 00.5月

カラスザンショウの木 に卵をうみに
やってきたクロアゲハ

カラスザンショウの木のみきには、トゲがあり鳥などが近よってこないのを知っているのでしょうか。鳥が庭に種を運んできて自然に大きく育った木です。
この木には、モンキアゲハもやってきます。

カラスザンショウの木の葉  
クロアゲハの幼虫
1回脱皮(だっぴ)した
幼虫 約8mm
鳥のふんににていて
みつかりにくい。

拡大画像あり
1024×745

モンキアゲハの幼虫
白のもようが、鳥のふんにそっくりです。
カラスザンショウの木の葉に三匹見つけました。
この木はとげがあるため切られてしまいました。

拡大画像あり
1024×

モンキアゲハは、赤い花
のみつ が大好きです。おすは、蝶道(ちょうどう)「いつも通る道」があり、おなじコースを回ってきます。

オオバウマノスズクサ
このつるのある植物は、ヤマイモの葉ににていますが、大きい葉をしています。
毒のある草であるため、この葉を食べて大きくなる蝶(ちょう)には鳥たちは、近づきません。

上のオオバウマノスズクサの葉の裏にジャコウアゲハの卵を見つけました。
アゲハの卵は白ですが、きれいなオレンジ色をしています。2こずつうみつけてあります。


拡大画像あり
1024×

ウツギの花のみつをすっているジャコウアゲハです。ジャコウアゲハにカメラを近づけてもにげません。どく草を食べてきた幼虫時代を鳥たちは知っていて、つかまえようとしないからでしょうか。

拡大画像有り
1024×

サルトリイバラの葉のうらをあけてみると、こんな幼虫がいました。
びっくりしてまるくなっています。

どんなちょうになるのでしょうか。
博物館にたずねてみます。

拡大画像有り
1024×

アゲハの幼虫あげはの幼虫あげはの幼虫

みかんの木やサンショウの木に、アゲハは卵を
生み、幼虫は、その葉を食べて育ちます。
4回脱皮(だっぴ)すると、3pぐらい大きく育ちま
す。色もまわりの葉の色と同じ緑になります。
頭の横にある目玉もようも鳥などのてきをだます
のに役立ちます。(目ではありません)
甘夏と温州みかんでは、甘夏の葉の方に幼虫が
います。サンショウの葉も大好きなようです。
成虫は3〜10月に3〜6回発生します。 10
月18日、台風の過ぎ去る日、葉っぱにしっか
りしがみついているのを見つけましたあげはのさなぎ
鳥たちから身をまもり、大雨や風とたたかうのも大変です。
ちょうになれるのはごくわずかです。
写真のクリックすると大きな写真あり

寒くなってくると、さなぎで冬をこします。